tsukurun(つくるん) | 料理のレシピ動画で簡単・時短
鯛の切り身で作る鯛めしのイメージ写真

鯛の切り身で作る鯛めし

梅の酸味がほんのりと鯛の旨みをひきたてます。
調理時間:50分※下ごしらえ時間はのぞく。 エネルギー:1人分あたり360kcal

材料(4人分)

  • 2合
  • 鯛(切り身)2切
  • 適量
  • 梅干し2個
  • A
  • 大さじ1
  • みりん大さじ1
  • しょうゆ小さじ1
  • 昆布茶小さじ1
  • 380ml
  • 木の芽適量

つくり方

米はといで30分浸水させ、ざるにあげておきます。

  1. 1 鯛の切り身は塩を適量をふり、約15分おいて水気をきれいにふきとります。
  2. 2 土鍋に米を入れ、Aの調味料と水を加え混ぜ合わせます。
  3. 3 ②の土鍋に①の鯛と梅干しをのせ、蓋をして強火にかけます。沸騰し、勢いよく蒸気がでてきたら弱火にして10分間炊き、火をとめてそのまま10分蒸らします。
  4. 4 蓋を開け、鯛の皮と骨、梅干しの種を取り除き、底からさっくりと切るように混ぜます。
  5. 5 器に盛りつけ木の芽を添えたら出来あがりです。

ワンポイント・アドバイス

炊飯器で作る場合は、水は目盛り通りにいれましょう。昆布茶がない場合は、昆布だしで代用可能です。残ったら、おにぎりやだし茶漬けにしてもいいですね。